【Xサーバー】メールだけXサーバーを利用する

▼毎日をちょっと楽しく過ごす

Webサイトはどこかのサービス、またはサーバーを使っているけれども、メールだけは他のサーバーを使いたいということがあります。

例えば、Shopifyはサイトは作れても、メールアドレスの設定等は出来なく、独自ドメインのメールアドレスは別のサーバーを利用しなければなりません。

ECサイト → Shopify

メール → 他のサーバー(レンタルサーバーやなんでも)

今回は以下の環境での設定をメモしたいと思います。

環境

EC(Webサイト/HP)Shopify(独自ドメイン)
ドメインお名前.com
メールXサーバー

【最初に】現在どのDNS(ネームサーバー)を利用しているか確かめる

最初のサイト構築の段階では、おそらく以下のような設定になっていると思います。

ECShopifyお名前.comで取得した独自ドメインを設定
ドメインお名前.comAレコード、CNAMEにShopifyの情報
NSにはお名前.com

この状態は、DNS(ネームサーバー)はお名前.comのDNSを使っていると言えます。

DNS(ネームサーバー)はWebサーバーとは違うのか、よく分かりませんよね。

DNS(ネームサーバー)とは?

DNS(ネームサーバー)は「このドメイン」は「このサーバー」ですよ、と伝えるようなシステムです。

ドメインがあるのに、なぜそのような事が必要なのかというと、

そもそもサーバーを識別するものは「IPアドレス」という数字とピリオドだけの番号だからです。

▼IPアドレスの例

183.181.96.156

なかなか覚えることも難しいですし、普段利用するには使い勝手が悪いですよね。

そこで「ドメイン」の登場です。

私たちはこのドメインを使ってサイトにアクセスしています。

その時にドメインをIPアドレスに変換するのがDNSの役割というわけです。

ですので、Webサイトを公開する時にはDNSも必要なのですね。

メールを利用するサーバーを用意する

どのDNS(ネームサーバー)を利用しているかを確認したならば、次にメールを利用するサーバーを用意します。

今回はXサーバーを使いたいと思います。

もちろん他のレンタルサーバーでも良いですし、クラウドでも良いと思います。

レンタルサーバーの場合は、そのサーバーを契約して、ドメイン設定まで完了させましょう。

このタイミングでメールアドレスを作成しても良いでしょう。

DNSレコードを設定する

DNSレコードを利用することで、Webサイトはこっちのサーバー、メールはこっちのサーバーのように分けることができます。

DNSレコードとは?

先ほど、DNS(ネームサーバー)とは「このドメイン」は「このサーバー(IPアドレス)」ですと、と伝えるようなシステムだと書きました。

さて、そのDNSの後ろに「レコード」とついた場合、これは何を指しているのでしょうか。

「レコード」というだけあり、これは表の行を示しています。

一体何の表かというと、「ドメイン名」と「IPアドレス」を紐づける情報が登録されている表です。

先に何がどれに紐づくかの情報がないと繋げられないですよね。

その情報をドメイン単位でまとめた対応表をゾーンファイルと呼び、

そのゾーンファイルの1行1行をレコードと呼びます。

この1行1行のレコードを設定することによって、Webはこっちのサーバー、メールはこっちのサーバーと分けることができるようになるのです。

さて、そのレコードには種類があります。

Webサーバーは「Aレコード」、メールは「MXレコード」

お名前.comのサイトを参考にお名前.comで設定可能なDNSレコードを見てみましょう。

A (Address)レコードホスト名(ドメイン名)とIPアドレスの関連付けを定義するレコードです。
CNAMEレコード正規ホスト名に対する別名を定義するレコードです。特定のホスト名を別のドメイン名に転送する時などに利用します。
MXレコードメールの配送先(メールサーバー)のホスト名を定義するレコードです。
NSレコードゾーン情報を管理するネームサーバーのサーバー名を定義するレコードです。
TXTレコードホスト名に関連付けるテキスト情報(文字列)を定義するレコードです。送信ドメインの認証の認証情報(SPFレコード)などを記述します。
SRVレコードサーバーのロケーション解決用フィールドの一つです。負荷分散サービスの提供、冗長性の確保、サービスポート番号の通知をする時などに利用します。
引用元:https://www.onamae.com/option/dnsrecord/

今回はメールをXサーバーにしたいので「MXレコード」を設定します。

それではお名前.comにログインをしてDNSレコードの設定を進めてみましょう。

お名前.comでDNSレコードを設定する

何がどうなっているかある程度理解したところで、実際にDNSレコードを設定していきたいと思います。

初めに、Xサーバーのサーバー情報が必要なので、Xサーバーにログインをして情報をメモしておきます。

Xサーバーのサーバー情報をメモする

Xサーバーログイン > アカウント >サーバー情報「ホスト名」をメモしておきます。

お名前.comにログインをしてDNS設定

お名前.comにログインをして、

ネームサーバーの設定 > ドメインのDNS設定 をクリックします。

DNSレコードの設定をするドメインにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

DNS設定の一覧が表示されますので、「DNSレコードの設定を利用する」「設定する」をクリックします。

MXレコードの設定

ページをちょっとスクロールすると、「追加」の上にレコードを入力するフォームが現れます。

以下の手順でMXレコードにXサーバーのホストを入れます。

  • 1)TYPEを「MX」に設定
  • 2)VALUEに先ほどメモしたXサーバーのホストを入力
  • 3)優先に「10」を入力
  • 4)追加をクリック

4)の追加をクリックしましたら、ページを下にスクロールして「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックを入れます。

これは何をするかというと、お名前.comのDNS(ネームサーバー)を利用することで、ここで設定したDNSレコードを利用できるということです。

そのため、DNS(ネームサーバー)がXサーバーになっている場合は、チェックを入れてDNSを切り替える必要があります。

MXレコードの追加、DNS(ネームサーバー)の設定が完了したら「確認画面へ進む」をクリックし、確認後に「設定する」をクリックして終了です。

最後に反映を確認して完了

DNSの変更は反映には時間がかかりますので、一度2時間程度置いて確認をしてみます。

  • Whois検索をして反映を確認*
  • Webサイト(今回はShopify)は表示されているか
  • メール送受信はできるか

Whois検索とはドメイン名やIP登録者を検索する仕組みで、色々な企業が検索窓口を提供しています。

お名前.comもWhois検索のサービスがあり、確認に使ってみると良いです。

お名前.com Whois検索:https://www.onamae.com/service/whois/

Name Serve が お名前.comのDNSが表示されていれば、DNSの反映が完了しています。
※ただし反映には浸透時間があり、あっちではOK、こっちでは未だ、というのがあります。

お名前.comのWhois検索は情報が少ないので、レコード情報も確認したい場合は、以下のサイトがおすすめです。

CMAN:https://www.cman.jp/network/support/nslookup.html

Whoisも確認し、動作も確認できましたら、これで完了です。

お疲れさまでした。

この記事はあなたの役に立ちましたか?